年の差50才! ある日の会話・・おやつについて〜

「ねぇ〜お婆ちゃん!

お婆ちゃんって、なに時代に産まれたの?」

「何時代? 昭和よ!」

「ふーん、昭和なの? 明治かと思ったわ〜」

「チョット!明治って〜

明治産まれなら 100才過ぎてるって!」

何故かむきになるワタシ

「あのさ〜お婆ちゃんが子供の頃は、どんなおやつがあったの?」

「そうね〜 田舎だったから ジャガイモとかサツマイモ、あとはお焼きかな〜」

「へぇー、ポテトあったんだ↗️お焼きって、どんなの?」

「ポテトって言っても、ミイちゃんが思ってるポテトとは、違うけどね〜 ただ茹でて、塩か醤油を付けて食べたわ! お焼きは、お好み焼きみたいだけど、具無し・・小麦粉に醤油を入れて焼いただけ 砂糖を付けて食べたもんよ〜」

「なんか まずそうだね! ワタシ、昔に産まれなくて良かった!」

「フルーツは何があったの?」

「フルーツ? りんご、みかん、スイカ、メロン、バナナ いっぱいあったよ〜」

「ふーん、バナナもあったんだね!マンゴーとかパイナップルも食べた?」

「毎日なんか食べられなかったよ!風邪引いた時は、何時も食べた!バナナ↗️ 田舎だったから マンゴーなんて見なかったわ〜パイナップルも高級な感じだったよ〜」

「かわいそうだったね〜 私の好きな 柿 イチジク ザクロも八百屋にあった?」

「柿、イチジク、ザクロは 何処の家にもあったわよ!   木に登って 良くたべたわ!」

「凄いね↗️お家にあったの!良いな! ワタシ その時生まれたかったわ〜」

他愛もない会話は 永遠と

「そう言えば、お婆ちゃんのお姉さん、知ってるでしょ? あのオバちゃんは 5歳年上なんだけどね〜オバちゃんの大好きだったおやつは 黒砂糖だったんだって!」

「えっ!黒砂糖?? 今度、オバちゃんが お客に来たら ワタシ シュークリーム買ってあげる!」

昭和20年代 田舎の暮らしを

勉強した ミイちゃんでした。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。