回想記:第4話。生後2か月から1才までの病院付き添い・・

今は完全看護で

家族の付き添いは

特別な事を除き

必要ではないと

思われますが・・

当時は4人部屋に

親子が4組……

全員、重病の赤ちゃん

誰一人口を開かない…

我が子の事で精一杯…

毎朝、体温計って

nurseに報告・・

病状が安定していると

気が緩み母親が疲れも

重なり、爆睡してしまう

事もありました💦

そんな時には

必ず婦長さんが来て

「お子さん、病気と

戦って居るんですよ!

お母さんも、一緒に

戦いましょうね!」

その度に、4人の母親は

息を殺しながら

すすり泣くしか

有りませんでした…

同じ部屋で寝起きを

共にしていると

時が経つにつれ

まずは、挨拶をする

様になります・・

その後、子供の病気の事

家族の事など話し

親密度は加速しました。

仲良しになったお母さん

は、順番に内緒で外に

買い物に行き、気分転換をしました🚶‍♀️

家族がお見舞いに来ると

お土産をおすそ分けし

ひと時を楽しみました。

一方で、突然不幸が

襲う事も・・・

診察に行ったまま

戻れなくなった子供…

むせ込みで誤嚥し

命を落とした子供…

8か月の付き添いで

今でも鮮明に覚えて

いるのは・・・

2才の小児がんの女の子

片言は話せて時々

ケラケラ〜と笑い声も

見られましたが…

苦しい!……

辛い!……

そんな言葉の代わり💦

ある日、口から出血!

よく見れば、自分で

唇の皮をつまみ取って

いたのです。

又、ある時は…

タオルケットを

小さな手で引っ張り

糸状になった物を

指先でクルクル巻き

.

自分の鼻の穴へ

耳の穴へめいっぱい

詰め込んで居て

Drが慌てて駆け込んだ

事もありました!

回復して退院する子

力尽きてしまった子…

( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

明日は我が子?

何度思ったことか…

我が子は幸運にも

丁度、満1才を迎えた日

退院許可が出ました🍀

それから大学病院の

担当医師の元に5年間

通いました。

決して安心出来る状態

ばかりでは、有りませんでしたが夫も家族も

宝物であるこの子を

諦める訳には行きませんでした。

家族の病気がもとで

家族崩壊する家庭

逆に一致団結して

絆が強くなる家庭…

様々な人間模様を

経験したあの時!

まさに

生きてるだけで丸儲け❤

それでは 又~

回想記:第4話。生後2か月から1才までの病院付き添い・・」への2件のコメント

  1. こんばんは^^
    母子が闘った日々の事 必死さが伝わりました
    同部屋での喜怒哀楽も辛い経験でしたね
    本当に一生分の闘病は今だから言える生きてるだけで丸儲け…

    いいね

  2. Pikaoさん、こんばんは~
    何時もありがとうございます(^o^)
    当時のお母さんの1人とは、今でもお友達なんですよ~
    ご縁がある人は、ずーっとあるものなんですね~

    いいね

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。