介護施設の「見守り」と「聴守り」

先日、ある介護施設さんの

SNS投稿に、思わず

※※そうですよね※※

頷いてしまいました!

見守りする!

ケアプランにも

ケア記録にも

頻繁に使われる言葉です。

利用者(入所者)様が

歩行器(歩行車)や

シルバーカーで移動

される時は、躓いたり

万が一転倒されても

直ぐに走って行ける

範囲で見守る事が

基本である。

居室の場合は

センサーcallして頂いたり

センサーマットの音で

駆けつける!

それでも間に合わず

ベッドからずり落ちて

尻もちをついたり

転倒されてしまうケースも

多々ある現状です。

特に夜間はスタッフの人数

も少なく、あってはならな

い事ですが、転倒→骨折

→手術→入院

その度にヒヤリハットや

事故報告書に

担当者から

これからは見守りを強化

して事故防止に努めます」

見守りを強化する?

漠然としていて

言いたいことが不透明…

見守り→→眼でみて

事故を事前に防止する。

聴守り→→眼だけでなく

耳でも聴いて

今、〇〇さんが部屋から

出てきたわ!

あの歩き方は、▽▽さん!

確かに

見守り➕聴守りが

出来れば、もっと

事故防止が出来る!

当施設でも

これから「聴守り」を

しっかり学び、命を預かる

責務を受けとめ

全員がステップアップを

したいと思います。

明日は全体会議

頑張ります🤗

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。